「口ぐせ」=【思考のクセ】ってご存知ですか?

スイレン1

自分の「口ぐせ」知っていますか?

自分の「口ぐせ」ってすぐわかりますか?

パッとすぐ出てきたあなたはスゴイ!!

 

自分が一番自分のことを知らない。

悩んでる女性1

 

特に無意識の領域である「口ぐせ」は
マネされたり、第三者に言われないと気づかないものです。

 

自分の「口ぐせ」の種類は?

自分がどんな種類の言葉をよく使うか、意識してみたことありますか?

 

昔の私は

  • ネガティブワードが多い
  • 受身の言葉が多い
  • 言い訳が多い

 

「疲れた~、しんどい~、面倒くさい~」
「やってと言われたのでやってます(やらされている感)」
「○○さんがそう言ってましたので(私は悪くないです)」

やるきない女性1

昔の私はネガティブワードの多い、やる気のない人だったなと(苦笑)。。。

 

考えていることが「口ぐせ」として出てくる。

人は頭やココロで思っていることがそのまま言葉として出てきます。

ネガティブ思考の人は会話でネガティブワードがよく出てきます。

 

言葉のチョイスで自分の思考がわかる人にはわかるんですよね~~~(怖~い)。

しかも自分ではなかなか気づけないので直そうにも直せない。。。

 

考えてる女性

 

 

「口ぐせ」変換プログラム☆

ネガティブで受身な「口ぐせ」が多かった私は何とかしたいと試行錯誤しました。

 

「疲れた、しんどい 」
⇒頑張った、よくやった、自分偉い!

「まだ仕事こんなにもある」
⇒これだけ進んだ、あとひと踏ん張り!

「ネガティブワード ⇒ポジティブワード」「否定文(ない) ⇒肯定文(ある)」に意識して変換するよう取り組みました。私が行った簡単なプロセスをご紹介しますね。

 

【口ぐせ変換プログラム】

第1ステップ⇒気づく
第2ステップ⇒変換してみる
第3ステップ⇒意識して使ってみる

 

新旧矢印1

 

「口ぐせ」は無意識の領域なので意識しないと直りません。

なので、はじめは気づくことからスタートです。

0自分が話す言葉に意識を向け「口ぐせ」を探す。

1気づいたら ⇒2変換
変換したとき、ザワザワと違和感があります。そこで止めないのがコツです!

今までと違うこと、新しいことをするときはざわつき、違和感は付きものなので、キタキタ~とただ受け止める(笑)。

2変換したら ⇒3意識して使う
何事もやらなきゃ身に付かないので、変換した「口ぐせ」を口に慣れさせることが必要です。

 

そんなこと?(簡単じゃね?)って思ったあなた!!!そうなんです。簡単でシンプルだけどなかなかできないんですね~、これが(笑)。

 

自分が意図する「口ぐせ」を習慣化する。

慣れないことや新しいことはかなり意識しないとできませんし続きません。慣れるまで意識してやり続ける!意識してやり続けた先に、意識しなくても自然とやっている、できているという無意識の「クセ」の領域が待っています。

 

あなたの「口ぐせ」はなんですか?

どんな「口ぐせ」を手に入れたいですか?

 

ちなみに今の私の「口ぐせ」は、「なるほど~」「どうして?」「どうしたいの?」と自問自答でよく使うフレーズが多いです(笑)。

 

「口ぐせ」で自分の【思考】を知ろう!

「口ぐせ」を知ることで、自分の【思考】もわかります。

「口ぐせ」=思考のクセ

今の私の「口ぐせ」である、「どうして?」は原因を追究する思考です。そして「どうしたいの?」は未来へ向けての思考で、自分が納得する理想的なプランを自分に問うています。

現状把握と未来志向の「思考のクセ」があるということかなと。

 

自分の「口ぐせ」を知り、どんな【思考】からくるものなのか、ぜひ考えてみてくださいね~。

「口ぐせ」も「思考のクセ」も変えることができる!

チューリップ

もし変えたいなら、先ほどご紹介した「口ぐせ変換プログラム」を意識してやってみてください。
やってみて上手くいかなかったら、こはまにご相談くださいませ~☆

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

思考エステマイスターこはま☆かずえ

思考エステマイスター こはま☆かずえ

思考エステマイスター。
沖縄出身。心理カウンセリング、また五輪金メダリストから学んだメンタルトレーニングを通して「思考のクセ」をもみほぐす「思考エステセラピー」を開発。「女性の笑顔で周りにいい影響を波及させることが世界を救う」をモットーに、心理カウンセリングのスキルで安心をつくりメンタルトレーニングのスキルで笑顔をサポートしている。エステに行くようにキレイになる感覚で気軽に受けられるセラピーを実施している。